HOME > 予防歯科・歯周病治療

予防歯科・歯周病治療

このような方は歯周病の可能性があります

下記に該当する方は歯周病の可能性がありますので、一度ご相談ください。


歯周病とはどんな病気?

歯周病の程度

歯周病とは、歯肉(歯茎)など歯を支える組織に、歯垢(プラーク)・歯石で生じる細菌で感染を起こし、炎症する症状のことを言います。
初期の兆候としては、歯肉の赤み・出血・腫れがあげられます。この状態を「歯肉炎」と言います。
その後、歯肉の間に溝が広がり、「歯周ポケット」が形成されます。この状態を「歯周炎」と言います。
歯周病は年齢に伴って進行していき、痛み・自覚症状がない場合が多いです。悪化すると、歯が抜ける状態にもなりえます。
現在、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位ともされており、早期発見が非常に重要になってきます。


■歯周病の進行

歯周病の進行具合


■歯周病は成人の8割がかかっていると言われています

1.ほとんどの大人がかかっている歯周病。
35〜44歳の人ではおよそ81%、45〜54歳では85%の人が歯周病にかかっています。
つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
2.歯周病は生活習慣病です。
人は母親の胎内では無菌ですが、成長、発育過程で菌の感染を受けます。歯周病の直後の原因はこのようにして感染した細菌です。これが増殖しプラーク(歯垢)となります。
そこには外的要因としてここのライフスタイルが密接に関係しています。不潔、食生活の不摂生、喫煙などのために身体の抵抗力が低下することによって発症し、進行してしまうと考えられます。

■歯周病と全身疾患との因果関係がとりだたされるようになってきました。

中・重度の歯周病の妊婦は早産の危険性が7.5倍。しかも歯周病は飲酒や喫煙よりリスクが高く、早産の最大の危険因子となっています

糖尿病の患者様は以前より歯周病になりやすいとされています。また、歯周病が原因で血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。

歯周病ではない方に比べて、致命的な心臓発作を起こす危険性が2.8倍、喘息や肺炎などの呼吸器疾患にも深く関わっています。


■当院の歯周治療への取り組み。

歯周病は生涯の健康な食生活に不可欠な治療です。家で言えば基礎工事と同じです。

当院は歯周治療を重要視し、歯科衛生士が患者様毎に担当して行います。歯周病はサイレントキラーとも呼ばれ、症状が重症にならないと自覚症状が出難い病気です。歯ぐきから出血する、口臭がするなど気になる点がありましたら、早期の検診をお勧めします。


歯周病治療の方法

■当院の歯周病治療の考え方

歯周病治療

実は、歯周病治療のコンセプトは非常にシンプル。細菌の塊であるプラーク(歯垢)が原因で生じる疾患ですから、原因となる細菌(プラーク)を徹底的に除去する事で歯周病は大きく改善します。

原因菌が潜んでいるのは、歯周ポケット内の根面に付着した歯石上とその周辺です。歯石は、歯垢(プラーク)が唾液や血液などからカルシウムを取り込み、細菌が関与して石のように石灰化したモノです。歯石表面はザラザラして表面積が大きいので、細菌がそこに付着しやすく、さらに細菌(プラーク)の温床となります。歯石を除去しない限り悪循環が続き症状が悪化・進行します。

進行した歯周病で歯を抜きたくない方は、是非当院へおいで下さい。

歯周病治療では、ポケット内の歯石を除去することがすなわち細菌(プラーク)を除去することなのです。このように歯周病治療の基本は細菌(プラーク)を除去する原因除去療法です。
具体的な治療法としては、歯周ポケット内の歯石はスケーリング&ルート・プレーニング(SRP:根面に付着した歯石を徹底的に除去)で機械的に除去します。とにかく、お口の中全体の歯をSRPします。
途中で止めたら効果がありませんから、頑張ってお通い下さい。

◎歯周病でお悩みの方は、まずは最後まで当院へ通いお口の中全体にSRPを受けることが重要です。 途中で止めては、それまで行った治療も無駄になります。歯周病を治したい方は、歯周病治療のコンセプトを理解した上で頑張りましょう。


定期的な予防ケアで虫歯ゼロ・歯周病なしの健康なお口に!

昔からある従来の歯科治療では「痛くなったら仕方なしに歯医者に行く」という考えでした。
このように「痛くなった時だけ歯医者に行く」ことを続けていくと、年を取るほど歯がなくなっていき、高齢になるとほとんどの歯を入れ歯で補わないといけないというのがあたりまえの時代でした。

一方、かなり前から定期的な予防ケアが普及していた欧米では「痛くなくても定期的に歯医者に通う」事により、80歳でほとんどの歯を失わず自分自身の歯で食事をするのがあたりまえとなっていました。
日本でも近年になって「痛くなくても定期的に予防ケアに通う」ことが普及し始めています。このことにより「一生自分の歯で食べられる時代」「いくつになっても食事がおいしく楽しめる時代」がやって来ました。

また、虫歯・歯周病は、食事の楽しみを奪うだけにとどまらないことをご存知ですか?
虫歯や歯周病により「かみ合わせ」が損なわれると、肩こり・頭痛・腰の痛みを引き起こし、味覚障害などを発生するリスクも生じることにより、普段の日常生活への深刻な影響が出ることがあります。

当院では、「痛くなった時の歯の治療」だけでなく、「痛くなくても快適に通える」定期的な予防ケアを行うことで、患者さんの「一生の健康」をサポートしてまいります。
どんな些細なお悩みでも、是非、一度当院にご来院・ご相談下さい。


一人平均残在歯数の比較

歯周病治療の流れ

ステップ1.
初診
お困りの点をお聞かせください。お口の中を拝見しながら
歯周病治療の流れ、治療方針、費用等をご説明します。

ステップ2.
各種検査
ベストの治療を行うために、必要な精密検査を行います。(レントゲン、ポケット測定、口腔内写真撮影、必要に応じて歯周病原菌の検査、唾液検査、口腔内模型採得、口臭検査)を行います。

ステップ3.
精密検査
写真、レントゲン、口腔内模型を見ながら現状を詳しく説明します。

ステップ4.
歯周病治療開始
治療計画に基づいて治療を行います。治療内容と治療期間は個人差があり、異なります。主に歯科衛生士によるスケーリング・SRPを中心に下記のような治療法を組み合わせて治療を行います。
  • ■専属歯科衛生士によるスケーリング・SRP
  • ■ペリオフィール(歯周病の塗り薬)
  • ■レーザー治療

ステップ5.
歯周病再検査
再度歯周病の検査を行い、数値が改善されたことを持って治療終了とします。

ステップ6.
治療終了(定期チェック検診へ)
歯周病は再発リスクの高い病気です。定期的な検診でよい状態を保つことを目指します。

80歳で20本の歯を残すために

治療が終了した時点ではすべての歯の治療が終わられた時が一番良い状態になっています。
しかし、日々のお手入れが今までと同じなら、また悪くなっては治療をするといった終わりのない繰り返しのスタートにすぎません。

1度治療した歯をまた治療しなくていいようにしたいな、とお思いの方は、予防歯科の先進国でのデータをご覧下さい。

スウェーデンでは20年以上前から歯の定期健診を国民に義務づけてきた結果(最低3ヶ月に1度は歯の定期健診を受けるという義務です)、80歳で平均19.5本の歯が残っているという驚くべき成果が表れています。(義歯をいれる人は全人口のわずか1.7%です)
一方、日本では痛くなった時に歯科医院に通うというスタイルの結果、80歳でわずか約12本の歯が残っているのが現状です。約7〜8本ほどの差が出ています。

定期健診は、始めるのが早ければ早いほど効果的といわれています。

日本 約12本 80歳時の平均残存歯数(厚生労働省調べ)
アメリカ 15.8本 80歳時の平均残存歯数(サンスター調べ)
スウェーデン 19.5本 80歳時の平均残存歯数(サンスター調べ)

日本とアメリカ、スウェーデンには、大きな差がありますね。その差はお口の定期健診を受けているかどうかの、差なのです。日本でも、定期健診を受けている方と治療だけを受けている方では、残存歯数に差がついています。

一人平均残在歯数の比較


定期健診ではどんなことをするの?

下記に該当する方は歯周病の可能性がありますので、一度ご相談ください。


歯周病予防のためのメインテナンス(定期健診)の重要性について

歯周病の治療が終了したとしても、メインテナンス(定期健診)は重要です。日々の歯の状態確認やクリーニングは歯ぐきの健康の永続性を保つことに繋がります。

定期検診をせず放っておくことで、治療によっていったん良くなった歯ぐきの状態は再び悪化していき、最悪の場合、改善不可能となり抜歯しなければいけなくなります。

一方、あなた御自身による日々の正しい歯磨きをきちんとした上で、「痛くなくても」歯科医院に定期的にお越し頂きメインテナンスを受けて頂くことにより、そのリスクを未然に防げます。当院では、プロの専用器具を用いて、歯のクリーニングを行います。痛みがなく、気持ちいいメインテナンスケアをおこなっています。


連携プレーをするために定期健診を。


元赤坂歯科クリニック診療案内|元赤坂クリニック:東京都港区元赤坂1-5-31新井ビル1F|診療時間・休診日:平日(月〜金)午前9:30から午後6:30まで(昼休み1:00〜2:30) 土日祝祭日は休診 診療案内詳細はこちら
当クリニックのご案内
アクセスマップ
院内風景
院長紹介
元赤坂歯科クリニックについて
メディア紹介履歴
治療内容について
一般歯科
予防歯科・歯周病治療
入れ歯・インプラント
矯正歯科
訪問歯科・往診
審美治療について
審美歯科・審美治療とは?
ホワイトニング
PMTC
ラミネートベニア
オールセラミックス
ハイブリッドインレー

審美歯科によるうんちく情報

サイトマップリンク集個人情報保護方針

ページのトップへ