HOME > 健康生活のために歯と口腔のケアを

健康生活のために歯と口腔のケアを

近年、歯の治療や口腔ケアの効果について、さまざまなことが明らかとなってきています。
東北大学などが全国11箇所の特別養護老人ホームで行った調査によると、口腔ケアを行ったグループでは発熱者は半減し、肺炎発症者は4割減少したそうです。
また、歯周病の人はそうでない人の2.8倍も脳梗塞になりやすく、歯周病が悪化すれば糖尿病も悪化するといった関係も明らかとなってきています。

厚生労働省では、こうした歯や口腔の健康を保つことは全身の健康に影響を与えるものとして、さまざまな運動をはじめています。
その代表的なものが「8020運動」で、これは80歳で20歯以上の自分の歯を有する高齢者の割合を増やしていこうという運動です。
現在、50歳以降になると平均して2年に1本の歯を喪失し、60歳ですでに17.8歯となり、80歳以上の1人平均現在歯数は4.6歯となるといわれています。
こうした現状を変え、自分の歯で咀嚼できる期間を延ばすことで、高齢者の健康を守ろうというのが8020運動なのです。

歯と体の健康を守り、8020という目標を達成するためには、定期的な歯石除去や歯面清掃、歯科検診、早期治療、口腔ケアなどが必要です。
また、こうした歯の健康を守るため、審美歯科が一役買うことも。
審美歯科はおもに美観的なものと思われている方が多いようですが、歯列矯正やホワイトニング、口腔ケアを行うことで、歯と全身の健康を守る働きもしているのです。
歯並びを美しくすれば虫歯になりにくくなりますし、噛み合わせが良くなれば、内蔵などの健康増進にも役立ちます。

自分の歯を長持ちさせるためには、若い時からの適切なケアが必要。
そのため、まずは定期的に歯と口腔をケアし、検診を受けるようにしましょう。
また、複雑な口腔ケアが不要な美しい歯並びにするためには審美歯科に相談してください。

元赤坂歯科クリニック診療案内|元赤坂クリニック:東京都港区元赤坂1-5-31新井ビル1F|診療時間・休診日:平日(月〜金)午前9:30から午後6:30まで(昼休み1:00〜2:30) 土日祝祭日は休診 診療案内詳細はこちら
当クリニックのご案内
アクセスマップ
院内風景
院長紹介
元赤坂歯科クリニックについて
メディア紹介履歴
治療内容について
一般歯科
予防歯科・歯周病治療
入れ歯・インプラント
矯正歯科
訪問歯科・往診
審美治療について
審美歯科・審美治療とは?
ホワイトニング
PMTC
ラミネートベニア
オールセラミックス
ハイブリッドインレー

審美歯科によるうんちく情報

サイトマップリンク集個人情報保護方針

ページのトップへ