HOME > ファッションとしての歯

ファッションとしての歯

入れ歯をしているというと、ネガティブなイメージが大きいのではないでしょうか。
歯がないために「仕方なく」口にブリッジ等の入れ歯を入れているわけです。
しかし、最近では、ファッション的な要素も大きくなってきたことは大きな変化と言っていいかもしれません。

日本のアイドルの口元に注目して八重歯が可愛いという現象もその一つ。
以前なら八重歯は歯並びが悪いというイメージでしたが、それだけではなくなってきているのです。
現在では自分の歯の上に、八重歯のつけ歯をするファッションも出てきているようです。
笑顔になるとちょこっと見える八重歯が可愛いという訳ですね。
もちろん、つけ歯ですから、飽きた時や必要のない時は外すことが出来るわけです。

このようなつけ歯は実は以前にもありました。
たとえばハロウィンで仮装するのに代表的な吸血鬼なんてそうですね。
尖った犬歯のつけ歯をして、吸血鬼のイメージをよりリアルに表現しているわけです。

アメリカでは有名人の歯をかたどったつけ歯も出ているようです。
メル(ギブソン)、ジョージ(クルーニー)、ニコール(キッドマン)という歯の持ち主をイメージしたつけ歯で、それぞれが歯の型の名称なのだとか。
有名人と同じ歯になったら嬉しいという、それだけの理由で満足してしまうものがあるのかもしれませんね。
日本人と欧米人では骨格が違いますから、そのまま使うということは難しいかもしれませんが、日本版が出てきてもおかしくないかもしれません。

日本で美しい歯の持ち主をイメージモデルにしたつけ歯が出るのもそう遠くはないかもしれません。
八重歯に限らず、ファッションとして、有名人の歯を口元にセットしてオシャレを楽しむのもありでしょう。
歯に自信を持って、明るく楽しい気分になることは心を豊かにすることでしょう。
審美歯科でそのお手伝いが出来れば幸いです。

元赤坂歯科クリニック診療案内|元赤坂クリニック:東京都港区元赤坂1-5-31新井ビル1F|診療時間・休診日:平日(月〜金)午前9:30から午後6:30まで(昼休み1:00〜2:30) 土日祝祭日は休診 診療案内詳細はこちら
当クリニックのご案内
アクセスマップ
院内風景
院長紹介
元赤坂歯科クリニックについて
メディア紹介履歴
治療内容について
一般歯科
予防歯科・歯周病治療
入れ歯・インプラント
矯正歯科
訪問歯科・往診
審美治療について
審美歯科・審美治療とは?
ホワイトニング
PMTC
ラミネートベニア
オールセラミックス
ハイブリッドインレー

審美歯科によるうんちく情報

サイトマップリンク集個人情報保護方針

ページのトップへ