HOME > 歯の黄ばみと原因

歯の黄ばみと原因

もてる男女のチャームポイントといえば、白い歯。
世に言うイケメンならば、きらりと光る歯がモテ要素だと世間でも認識されていますよね。
科学的な調査でも、人の顔を見る時、視線は目や口元をさしていることが確認されています。
目元や口元がはいちばんチェックされる部分ですから、最低限のことはしておきたいものです。

印象の良い表情はなんといっても笑顔!
健康的な歯はその印象を更に良くします。
もし歯がぬけていたり、歯に食べ残しがついていたり、黄色かったりしたらイメージが低下してしまいます。
今回は歯が黄色くなってしまう原因について話してみましょう。

歯が黄色くなる原因は大まかに内的なものと外的てきなものに分れます。
外的な理由は着色汚れが良く知られているでしょうか。
ステインと呼ばれているモノで、飲食したり喫煙したりした時に歯に汚れが付着してしまうのです。

喫煙している人やカレーやコーヒーなどをよく食べている人は歯磨きを念入りにすることで黄ばむことはなくなるでしょう。
もし、すぐに歯磨きできない状況ならば口をすすぐだけでも効果はあります。
歯に付いた黄ばみは、そのままほうっておくと歯のエナメル質へ浸透してしまい、色がとれにくくなってしまいます。
そうなると審美歯科で歯の黄ばみに対処するのがいいでしょう。

内的な理由としては加齢が主に挙げられるでしょう。
歯は表面と内部で実は色が違い、表面は半透明のエナメル質で内部は黄褐色の象牙質です。
年齢を重ねるにつれて、象牙質の部分は厚くなり、表面のエナメル質は薄くなるのです。
そのため、年齢を重ねるにつれてだんだんと歯が黄ばんでいるように感じるのです。
この場合、歯を磨いても白くなることはありません。
もし白くしたいならば、審美歯科でホワイトニングをすることがお勧めです。

元赤坂歯科クリニック診療案内|元赤坂クリニック:東京都港区元赤坂1-5-31新井ビル1F|診療時間・休診日:平日(月〜金)午前9:30から午後6:30まで(昼休み1:00〜2:30) 土日祝祭日は休診 診療案内詳細はこちら
当クリニックのご案内
アクセスマップ
院内風景
院長紹介
元赤坂歯科クリニックについて
メディア紹介履歴
治療内容について
一般歯科
予防歯科・歯周病治療
入れ歯・インプラント
矯正歯科
訪問歯科・往診
審美治療について
審美歯科・審美治療とは?
ホワイトニング
PMTC
ラミネートベニア
オールセラミックス
ハイブリッドインレー

審美歯科によるうんちく情報

サイトマップリンク集個人情報保護方針

ページのトップへ