HOME > インプラントにも歯周病はある?

インプラントにも歯周病はある?

日本では厚生省(当時)と日本歯科医師会が「8020運動」を推進しています。
「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」というこの運動、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
私たちは食事をすることによって、口から栄養を取り入れています。
食べる時に不可欠なものが「歯」です。しかし、自分の歯を一生涯、健康な状態で維持することは、なかなかできずにいるのが多くの方の現状ではないでしょうか。
私たちにとって大事な歯を失う事は大問題。
この、大切な歯を失う原因とされているものは、むし歯と歯周病になります。

実は、この歯周病、成人した方の80%以上がかかっているという統計がでています。
歯と歯肉の間に細菌が入り込み、炎症をおこして赤くなったり、腫れたりするのですが、よっぽど重篤な状態にならないと、痛みを感じません。
ですから、痛いと思った時は、炎症はかなり進んだ状態です。
抜歯をしなければならないこともありますし、歯を支えていた骨が溶けていることもあります。

では、天然の歯のときだけ、このような事がおこるのでしょうか。
答えはノーです。インプラントになった後も、歯周病と同じような炎症を起こすことがあります。
これが、インプラント周囲炎です。

インプラントの場合も初期段階では、自覚症状はほとんどありません。
インプラントは人工物でできた歯ですから、虫歯にはなりませんが、物を砕き、噛んでいますので、汚れますし、プラークはついてしまいます。
また、天然の歯の場合の歯周病治療よりも、インプラントでなってしまった歯周病の方が、治療が困難といえます。

天然の歯でも、インプラントでも、おこってしまう歯周病。
それには、日頃からのご自身で行う歯磨き等のケアはもちろん必要ですし、専門的な観点からおこなうケアもとっても有効な予防手段といえます。

初期のインプラント周囲炎でしたらPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)でプラークを完全除去し、再付着を防ぐこともできます。
自助努力とプロのケアで、健康で美しい歯を維持しましょう。

元赤坂歯科クリニック診療案内|元赤坂クリニック:東京都港区元赤坂1-5-31新井ビル1F|診療時間・休診日:平日(月〜金)午前9:30から午後6:30まで(昼休み1:00〜2:30) 土日祝祭日は休診 診療案内詳細はこちら
当クリニックのご案内
アクセスマップ
院内風景
院長紹介
元赤坂歯科クリニックについて
メディア紹介履歴
治療内容について
一般歯科
予防歯科・歯周病治療
入れ歯・インプラント
矯正歯科
訪問歯科・往診
審美治療について
審美歯科・審美治療とは?
ホワイトニング
PMTC
ラミネートベニア
オールセラミックス
ハイブリッドインレー

審美歯科によるうんちく情報

サイトマップリンク集個人情報保護方針

ページのトップへ